調布デイジー TOP page 20210307

お知らせ

調布デイジー・ATDO 共催
新学年から DAISY(デイジー)を使ってみませんか?
バリアフリー教科書のススメ。

行を読み飛ばしてしまったり、音読がうまくいかない…。文字を目で追うことはできるけれど内容が理解できないなど。学校で教科書を読むときにちょっと困っている、そんな子はいませんか?

紙の教科書ではスムーズに読むことができないその子に、マルチメディアデイジー教科書が有効かもしれません。

この教科書はパソコンやタブレットで読むことができます。学校で使っている教科書の内容を音声で読み上げながら、読み上げている文章をハイライトしてくれます。
教育委員会や学校の先生、または、保護者や本人が申請すれば、無料で使えます。

「ちょっと興味ある…。だけど具体的に何をすればいいの?」という方におすすめのイベントです。

マルチメディアデイジー教科書の使い方から申請方法、利用者本人と家族の体験まで、オンラインでご紹介します!!

日時:2021年3月22日(月)午後3時~5時
料金:無料
形式:Zoom を利用したオンラインセミナー

メールで以下の情報を記載の上、お申し込みください。
件名:バリアフリー教科書のススメ。参加申し込み
名前:
メールアドレス:
住所:調布/調布以外 いずれか選択
申込者情報:保護者、教員など
調布デイジー(https://www.chofu-daisy.org/)
問い合わせ ✉chofudaisyアットマークgmail.com(「アットマーク」を@に置き換えてください)

【内容】
1 マルチメディアデイジー教科書って?
2 使い方・申請方法
3 利用者体験談
4 図書館にもあるかも!?DAISY 図書
5 質疑応答

※調布市教育会館(市役所隣)202会議室で進行を行います。
直接会場でお聞きになりたい方はメールにてお問い合わせください。

調布デイジー: 市内で活動するボランティア団体
ATDO:特定非営利活動法人 支援技術開発機構 https://atdo.website
QRコードが読み取れない時は問い合わせメールアドレスにお申込みください。




■2011年11月26日に、調布市文化会館で行われた講演会で、神山忠先生の講演を、
工藤咲子さんの手話通訳付きで、YouTubeで公開中です。
この手話通訳編の視聴回数が 、11,284回を超えました!
是非、手話を勉強されている方々にご紹介下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=hKjuZkAS0kk&t=441s

ディスレクシアや発達障害の子どもへDAISYデイジーを

ディスレクシア、ADHD、自閉症などの発達障害や学習障害の児童・生徒は、読み書き(識字)に困難を抱える場合が多いです。しかし、視覚障害や知的遅れがない場合も多いため、その原因は本人の努力不足とされることも少なくありません。発達障害や、視覚障害、知的障害、聴覚障害、肢体不自由などにより本を読むこと(特に学校における教科書を読んで理解すること)が困難な子どもの本を読むためのツールとして、『マルチメディアDAISY』が有効です。

DAISY版教科書

全国のボランティアの協力で、教科書のマルチメディアDAISY 化と、必要な児童・生徒への提供を 行っています。
マルチメディアDAISY 版教科書を必要とする児童・生徒の数は、年々増えています。ボランティアでは対応しきれない数となり、国や出版社を通して、公的機関から、必要な児童・生徒が確実に、必要な時に遅れることなく入手できるようになることを願っています。

↑ PAGE TOP